iPadは最良のSSHクライアントになるか--「SSH Terminal」を試す

海上忍
2010-06-01 19:22:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月28日という日を心待ちにしていたMacユーザーは少なくないはず。そう、同じDarwinベースのiPhone OSを採用したタブレット型デバイス「iPad」が、いよいよ国内向けに発売された。Apple Storeで予約していた筆者のもとにも無事到着、ウェブやメールに、電子書籍リーダーにと、早速活用している。

 すでに何度も触れたことがあるiPadだが、所有すると改めて情報量の多さを実感する。iPhone向けにデザインされたアプリを起動すればなおさらのこと、ピクセルを倍に拡大するだけの「2倍」モードが互換性を持たせるためだけの措置で、iPad本来の魅力をシュリンクするものだとわかる。

 SSHクライアント「TouchTerm SSH」も、そのようなアプリの1つ。ControlやESCなど特殊キーの操作を含め、iPadのソフトウェアキーボードでも快適に操作できるのだが、2倍モードで全画面に表示してもピクセルが拡大されるだけで、1画面あたりの総文字数に変化はない。iPadの解像度をフルに生かせる「HDアプリ」(筆者の勝手な命名)でなければ、SSHクライアントとしての魅力は2倍どころか半減してしまう。

 そこでApp Storeを物色したところ、「SSH Terminal」と「iSSH」の2つがHDアプリであると判明。115円という値頃感もあり、前者を購入してみた。

 使うこと30分。わずかな間に、いろいろな体験をした。カラーコードに対応しないため、シェルの初期化ファイルで定義したプロンプトのカラーコードが文字として表示されてしまうこと。bash(readline)の行編集機能が効かず、C-aやC-eなどの使い慣れたキーバインドがまったく利用できないこと。viを起動しようとすると「terminal capability "cm" required」と表示され、その後画面が崩れること。そして幾度ものクラッシュ。TouchTerm SSHのiPad対応を待つか、iSSHの購入を検討するしかなさそうだ。

SSH Termial iPadの解像度をフルに生かせるSSHクライアント「SSH Terminal」。しかし、ターミナルエミュレータとしての機能は……※クリックすると拡大画像が見られます
  • コメント(1件)
#1 unakami   2010-06-02 09:29:42
SSH Terminal、本日v1.6にバージョンアップされていました。しかし、ターミナルエミュレータとしての機能はほぼ変化なし。ちなみに、「echo $TERM」の結果は「vanilla」です。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]