Emacs 23でPDFを表示させる--新機能「DocView」を試す

海上忍
2010-03-26 20:48:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 Emacs 23の特筆すべき新機能の1つに「DocView」がある。使い方は簡単、いつもどおりM-x find-file(C-x C-f)、もしくはDiredからファイルを開けば、バッファ上にPDFやPostScript、DVIを表示できる。

 内部的には「PDF/PS→PNG」または「DVI→PDF→PNG」というフローで進められるが、その処理系にはGhostscriptが利用されている。GhostscriptなしにはPDFを表示できないので、あらかじめインストールしておこう。なお、バイナリパッケージは熊本学園大学経済学部准教授の小川弘和氏が公開しているESP Ghostscript 7.07.1がお勧めだ。

 このように、PDFからPNGの変換はGhostscriptに依存するため、開けないPDFも少なくない。たとえば、パスワードで保護されたPDFは表示できない。暗号化されたPDFも不可だ。日本語フォントを含むDVIもサポートされないため、LaTeXの統合環境としては“もう一声”な状況となっている。

 とはいえ、基本的なキー操作さえ覚えておけば、気軽に使えるPDFビューアとなりうることは確か。/Applications/Emacs.app/Contents/Resources/lisp/doc-view.el.gzに定義されたキーバインドのうち、主要なものを下表に抜粋したので参考にしてほしい。

DocView Cocoa EmacsがPDFビューアに早変わりする「DocView」 ※クリックすると拡大します
DocViewで有効なキー操作(抜粋)
キーコマンド機能
n'doc-view-next-page次のページ
p'doc-view-previous-page前のページ
C-n'doc-view-next-line-or-next-page1行下方へスクロール
C-p'doc-view-previous-line-or-previous-page1行上方へスクロール
SPACE'doc-view-scroll-up-or-next-page下方スクロールまたは次のページ
DEL'doc-view-scroll-down-or-previous-page上方スクロールまたは前のページ
k'doc-view-kill-proc-and-bufferプロセスを終了しバッファを閉じる
g'revert-bufferバッファを閉じる
+'doc-view-enlarge拡大
-'doc-view-shrink縮小
カーソルキー-上下左右方向へスクロール
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ