Snow LeopardではNTFSをサポート--その源流を訪ねる(1)

海上忍
2009-11-18 20:46:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleから正式なアナウンスはないが、Snow LeopardではNTFSボリュームの書き込みをサポートしている。/etc/fstabに次のようなエントリを作成し、システムを再起動すれば必要なモジュールがロードされ、読み書きともに可能な状態でマウントできるようになる。ボリュームごとにエントリを用意しなければならないが、BootCampユーザーには朗報だろう。なお、Snow Leopardの初期設定では、/etc/fstabは存在しないため、別途テキストエディタを利用して作成する必要がある。

LABEL=NTFS none ntfs rw

※:「LABEL=」にはボリューム名を記述

 このNTFSサポートだが、こちらからソースコードを入手したところ、Leopardのときと同じ、Anton Altaparmakov氏を中心に開発が進められるLinux-NTFSプロジェクトのもの(Linuxカーネルv2.6にも採用)がベースであることを確認できた。

 ということは、ntfsprogsおよびLinuxカーネルにおける流儀(あるいは機能制限)がMac OS XのNTFSサポートにも適用されるわけで、最新の開発動向をチェックすればSnow Leopardにおける実装の進み具合もわかるというもの。若干込み入った話になりそうなので、続きは次回。

NTFSボリューム このとおり、BootCamp環境で使用しているNTFSボリュームがRead/Write可能な状態でマウントできる
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]