プレビューでフォントの表示がおかしい(1)--Snow Leopardでキャッシュ領域を探す

海上忍
2009-10-08 17:45:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Snow Leopardにかぎった話ではないが、Mac OS Xではキャッシュ領域を/var以下に確保している。FinderやDockで利用するアイコン、Safariで表示したウェブページなどのキャッシュデータなどなど、Mail.appといった例外を除き、一時使用されるデータの多くはここに保存される。

 キャッシュをクリアしたい場合には、このディレクトリ以下を削除すればいいが、問題は「パス」のわかりにくさにある。ユーザーごとに一意のディレクトリ名となるよう、人間が記憶しにくい形式に符号化されているのだ。

 しかし心配ご無用。このパスは、システム構成変数「DARWIN_USER_CACHE_DIR」に保存されているので、getconfコマンドでかんたんに呼び出すことができるのだ。つまり、キャッシュ領域に移動したい場合、cdコマンドの引数に「`getconf DARWIN_USER_CACHE_DIR`」を与えればいいことになる。

$ cd `getconf DARWIN_USER_CACHE_DIR`
$ pwd
/var/folders/DF/DFeGMTeqG2qwxb3a53x51++++TM/-Caches-

 筆者がこの操作を行った理由だが、PDFをプレビューで開くと表示が乱れる部分(文字)が発生したため、フォントキャッシュをクリアすれば問題解決するかも、と見当をつけたからだ。その症例と対処の結果は、また次回。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ