Snow Leopard探索記

最新版WebKitの縦書きとマルチカラムを検証する

EPUB 3.0では縦書きやルビ、禁則処理など、日本語組版に必要とされる処理はおおむねカバーされるが、その表示はHTMLエンジンに依存する。今回は、WebKitを例に、縦書きとマルチカラムの現状をまとめる。 2011-04-20 12:38:00

「osascript」でダイアログボックスを表示する

「osascript」はMac OS X独自のコマンドだ。Mac OS XにおいてはもっぱらAppleEventを扱う目的で利用されるが、ダイアログボックスの直接呼び出しにも利用できる。 2011-04-14 15:33:00

知って便利な「pbcopy」と「pbpaste」

コピー&ペースト用のバッファに使用する「ペーストボード」。これをハンドリングするコマンド「pbcopy」と「pbpaste」について紹介する。 2011-04-11 12:20:00

祝Ruby JIS規格化--「irb」の初期化スクリプトを見直す

プログラム言語「Ruby」がJIS規格として制定された。Leopard以降に装備された「RubyCocoa」もあり、Mac OS Xにとっては身近なニュースだ。 2011-03-25 19:54:00

シェルスクリプトに最適な「ガワ」を求めて

シェルスクリプトの実行に使う「ガワ」を考えると、「.command」形式のファイルを作成するなどいくつかの方法がある。中でも今回はシェルスクリプトからGUIを呼び出す「CocoaDialog」について紹介する。 2011-03-10 19:58:00

次期OS「Lion」の新情報を分析する

新MacBook Proの発表と同じタイミングで、次期OS Xである「Lion」の追加情報がAppleのウェブサイトに掲載された。今回はその新情報を整理する。 2011-03-03 15:12:25

画像ファイルをPDFにまとめるSnow Leopardの便利なコマンド

Snow Leopardの/usr/libexecディレクトリには、存在が知られていないコマンドが少なくない。今回はそんな“隠れコマンド”の1つである「imagestopdf」を紹介する。 2011-02-22 19:12:24

CSS3縦書きもサポート--開発進む「WebKit2」

Safari以外にも広く利用されるレンダリングエンジン「WebKit」。最近では電子書籍リーダーのエンジンとしても存在感を高めているが、今回は次世代版となる「WebKit2」の現状を紹介する。 2011-02-16 18:07:24

Mac App Storeの“ブラックボックス”を解析する

先月App Storeの累計ダウンロード数が100億本を超えた。これと同様、Mac App Storeも順調な滑り出しを見せている。今回はMac App Storeの作業領域など、“ブラックボックス化”されている細かな点を確認していく。 2011-02-09 13:32:23

いまある材料でLionを予想(アピアランス編)

Appleのウェブサイトに微妙な変化があった。画面上部のナビゲーションバーが明るいシルバーから黒みを帯びたメタリック調となり、製品も細かくカテゴリ分けされている。これはLionにおけるUIの見た目(アピアランス)にどう影響するだろうか。 2011-02-01 08:00:00

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ