Windows 7、Snow Leopard、Ubuntu 9.04を比較してみる

福田昌弘
2009-10-02 15:08:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザーインターフェースを確認

 まず、ユーザーインターフェースだが、Mac OS Xは登場時からAquaがその役を担っている。最新のMac OS X 10.6 Snow Leopardでも、ユーザーが目にしたり体験するソフトウェアの基本動作はAquaで定義されたものになる。また、ファイルやフォルダなどの操作はFinderを介して行う。

Mac OS X 10.6 Snow LeopardでのFinderの表示例(画像をクリックすると拡大します) Mac OS X 10.6 Snow LeopardでのFinderの表示例(画像をクリックすると拡大します)

 Ubuntuも、その登場以来GNOME(GNU Network Object Model Environment:グノーム)が標準のユーザーインターフェースだ。そして、Nautilusがファイルやフォルダを整理する役を担っている。

Ubuntu 9.04でのNautilusの表示例(画像をクリックすると拡大します) Ubuntu 9.04でのNautilusの表示例(画像をクリックすると拡大します)

 そして、Windows 7はAero。Aeroは、前バージョンのWindows Vistaで採用されたユーザーインターフェースだ。ユーザーが目にしたり体験する内容は、Lunaとも呼ばれたWindows XPスタイルと大きく異なっている。そして、Windows 7上でのファイルやフォルダの操作はエクスプローラーを介して行う。

Windows 7でのエクスプローラーの表示例(画像をクリックすると拡大します) Windows 7でのエクスプローラーの表示例(画像をクリックすると拡大します)

日本語インプットメソッドを確認

次に、日本語入力のためのインプットメソッドを確認しておこう。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]