Windows 7、Snow Leopard、Ubuntu 9.04を比較してみる

福田昌弘
2009-10-02 15:08:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前奏曲:Windows 7、Snow Leopard、Ubuntu 9.04

 2009年8月末から10月にかけて、著名な3種類のクライアントOSが相次いでバージョンアップする。Snow Leopardと呼ばれるMac OS X 10.6、開発コード名“Karmic Koala”のUbuntu 9.10、そしてWindows 7だ。

 Wikipediaなどでこれまでのリリース時期を調べてみると、OS 3種のバージョンアップがこれまでよりもかなり近いことがわかった。これは、今年7月の皆既日食と同じくらい貴重なタイミングだ!――そう考え、編集部にお願いして3つのOSの使い勝手をさまざまな視点から比較することにした。

Windows、Mac OS X、Ubuntuのリリース年表(画像をクリックすると拡大します) Windows、Mac OS X、Ubuntuのリリース年表(画像をクリックすると拡大します)

 3つのOSを比較すると言っても、64ビット化やマルチコア対応などOS自体の機能を比較するつもりはない(筆者の力量では難しい?)。元来OS――オペレーティングシステム――は、ハードウェアを抽象化するためのソフトウェアであり、ユーザーが利用するのはOSを経由してハードウェアにアクセスするアプリケーションソフトウェアのほうだ。

 したがって、ここでは、それぞれのOS上で利用できるアプリケーション、具体的にはメーラー、ウェブブラウザ、文書作成ソフト、バッチ処理ツール、開発環境などの使い勝手を、OSという視点を含めて比較していきたいと考えている。

 取り上げるアプリケーションは、それぞれのOSとともに提供されたり、そのOS上での利用が有名なものにするつもりだ。なお、Windowsは「Windows 7 RTM版」、Mac OSは「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」製品版、Ubuntuは「Ubuntu 9.04」をベースにしている。

 今回は、これから行う比較のベースとして、それぞれのOSでのユーザーインターフェースや日本語入力のためのインプットメソッドなどを確認しておく。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ