openSUSE 11.1をインストールする

福田昌弘
2009-01-05 18:49:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Novell社による支援の元でLinuxの普及を進めるopenSUSEプロジェクトは、2008年12月18日にopenSUSE 11.1をリリースした。openSUSE 11.1は、システム設定ツールYaSTの改善、デスクトップ環境であるGNOME、KDE、OpenOffice.orgのアップデートなど興味深い点が多い。そこで、さっそくopenSUSE 11.1をインストールし、その実状を見ることにした。

インストールイメージの入手

 openSUSE 11.1リリース版は、「Software.openSUSE.org」から入手可能。このウェブページには、32ビット版、64ビット版、PowerPC版のopenSUSEが用意されている。また、インストールメディアとして、DVD、LiveCD、ネットワークの3種類がある。まずは、標準的な32ビット版DVDを使ってopenSUSEをインストールしてみよう。

openSUSEプロジェクトのウェブサイトからインストールイメージを入手する openSUSEプロジェクトのウェブサイトからインストールイメージを入手する

 ダウンロードしたイメージデータをDVD-Rに焼き付け、それを使ってマシンを再起動すると、次の画面が表示される。ここでは、「Installation」を選んでEnterキーを押す。

「Installation」を選んでインストールを開始する 「Installation」を選んでインストールを開始する

 Enterキーを押すと、openSUSEが起動してインストール画面が表示される。ここでは使用言語として「Japanese−日本語」を選ぶ。

インストール時の使用言語を「Japanese−日本語」にする インストール時の使用言語を「Japanese−日本語」にする

 使用許諾契約書の内容を一読し[次へ]ボタンをクリックすると、現在のシステム構成が検出され、インストールモードの選択画面に移る。

「新規インストール」を選択する 「新規インストール」を選択する
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]