Leopard ServerのPodcast Producer--10回近くやり直してついに「配信」

福田昌弘
2008-04-18 14:49:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動作状況の確認

 Podcast Producerを起動したら、その動作状況を確認しよう。ここでは、Mac OS X 10.5(Leopard)が動作するマシンでPodcastキャプチャを起動し、QuickTimeムービーをサーバに送ってみる。ちなみに、ここで使用するクライアントマシンのIPアドレスには、DNSでクライアントとして登録した「192.168.1.14」を指定しておく。

 Podcastキャプチャを起動すると、次のように接続先のサーバ名、ユーザ名、パスワードの入力が促される。ここでは、Podcast Producerが動作するサーバの名前「server」「pcastuser」とそのパスワードをそれぞれ指定する。

接続先の指定 接続先の指定

 サーバに接続すると、データ種類を指定する画面が表示される。ここでは、あらかじめ用意しておいたQuickTimeムービーのファイルを処理するので[ファイル]をクリックする。

データ種類の指定画面 データ種類の指定画面

 [ファイル]をクリックし、処理するファイルを指定すると、使用するワークフロー、タイトル、説明をそれぞれ指定するように促される。

ワークフローやタイトルの指定 ワークフローやタイトルの指定

 ワークフローやタイトルなどを指定し[完了]ボタンをクリックすると、ファイルがサーバに送られポッドキャスティングのための処理が開始される。

 処理が終了したら、Safariを起動してグループにログインする。ログインすると、テスト用に作成したムービーが「最近の変更」に表示されていることに気づくだろう。

グループにログイン グループにログイン

 テスト用ムービーのタイトルをクリックすると、ポッドキャスティングした内容が表示される。

テスト内容の表示 テスト内容の表示

 ここまでできれば、Podcast Producerを使って自由自在にポッドキャスティングできる。

 繰り返しになるが、筆者は、この状態にたどり着くまでにLeopard ServerのインストールとPodcast Producer関連の設定作業を10回近くやり直した。その原因の1つは、ドキュメント類の少なさであったと思う。これからPodcast Producerに取り組もうという読者に、この記事が少しでも役立てば、これほどうれしいことはない。

  • コメント(2件)
#1 anonymous   2009-02-07 15:18:58
記事を参考にさせていただき、ついにポッドキャスティングに成功した者です。貴重な情報、まことにありがとうございました。私にとっては、/var/emptyにホームフォルダを作成するところがカギでした。
さて、ポッドキャスティングができるようにはなったのですが、ムービーが全てセピア色に。。。Quartz Composer Filterを空欄にしてみたりと試みるのですが、Xgridが動かなくなるだけで、何も変わりません。
海外サイトなどをみると、.plistをいじる必要があるようにとれる記述もあり。まだまだこいつには手を煩わされそうです。うむむ。
#2 anonymous   2010-09-08 14:55:59
今更ながら、PcPのインストールにはまりました。

こちらの情報を元に、設定をやはり10回以上繰り返して泣きを見ておりました。

結果的には、

”グループにログインできたら、“設定”をクリックして“グループ設定”で[このグループのウェブログのPodcastを作成]を有効する。”

を見落としておりましたことでした。

なかなか一筋縄ではいきません。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]