Leopard ServerのPodcast Producer--10回近くやり直してついに「配信」

福田昌弘
2008-04-18 14:49:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 前回までの作業でPodcast Producer利用のためのサービスやサーバの設定作業は終わった。今回は、いよいよPodcast Producer自体を設定し、ポッドキャストのために試用してみる。

共有フォルダとXgridユーザの設定

 長く多岐に渡ったが、前回まで示してきた設定作業を終えると、やっとPodcast Producerに関する設定が行える。[サーバ管理]の左ペインで[Podcastプロデューサー]をクリックし、右ペインのツールバーで[設定]を選択する。

 まず、[一般]タブの[共有ファイルシステム]に共有フォルダの位置を指定する。筆者は、ここに「/Shared Items/Public」を指定した。

共有フォルダとXgridユーザの指定 共有フォルダとXgridユーザの指定

 [Xgridユーザ名]と[Xgridユーザのパスワード]には、「pcastxgrid」とそのパスワードをそれぞれ指定する。

ワークフローのデフォルト値の指定

 次に、[プロパティ]タブをクリックし、ワークフローのデフォルト値を指定する。ちなみに、Podcast Producerでは、取り込んだ動画や音声データを扱う一連のアクションを記述したスクリプトを「ワークフロー」と呼んでいる。ワークフローを利用することで、各種データの編集、エンコード、公開、管理などの作業を定型処理として実行できる。

ワークフローのデフォルト値の指定 ワークフローのデフォルト値の指定

 ここでは、次のプロパティにそれぞれ値を指定した。

ワークフローのデフォルト値の指定
プロパティ名指定値
Administrator Short Namepcastadmin
Approval Email Listpcastadmin@server.pcast.private, pcastuser@server.pcast.private
Audience Email Listpcastadmin@server.pcast.private, pcastuser@server.pcast.private
Group Short NamePodcasts
Groups Administator Passwordユーザpcastadminのパスワード
Group Administrator Userpcastadmin

 これらのプロパティへの指定を終えたら、[保存]ボタンをクリックして内容を保存する。そして、[Podcastプロデューサーを開始]ボタンをクリックして、Podcast Producerを起動する。

 では次に動作状況を確認してみよう。

  • コメント(2件)
#1 anonymous   2009-02-07 15:18:58
記事を参考にさせていただき、ついにポッドキャスティングに成功した者です。貴重な情報、まことにありがとうございました。私にとっては、/var/emptyにホームフォルダを作成するところがカギでした。
さて、ポッドキャスティングができるようにはなったのですが、ムービーが全てセピア色に。。。Quartz Composer Filterを空欄にしてみたりと試みるのですが、Xgridが動かなくなるだけで、何も変わりません。
海外サイトなどをみると、.plistをいじる必要があるようにとれる記述もあり。まだまだこいつには手を煩わされそうです。うむむ。
#2 anonymous   2010-09-08 14:55:59
今更ながら、PcPのインストールにはまりました。

こちらの情報を元に、設定をやはり10回以上繰り返して泣きを見ておりました。

結果的には、

”グループにログインできたら、“設定”をクリックして“グループ設定”で[このグループのウェブログのPodcastを作成]を有効する。”

を見落としておりましたことでした。

なかなか一筋縄ではいきません。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ