Leopard ServerのPodcast Producer--WebサービスとXgridを設定しちゃおう

福田昌弘
2008-04-02 17:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 前回は、Mac OS X Server 10.5、通称Leopard ServerでのPodcast Producer利用のために、Open Directoryを設定するところまで説明した。今回は、Podcast Producerで使用するユーザアカウントの設定から説明を続けていく。

ユーザアカウントの設定

 Open Directoryがきちんと動作したら、Podcast Producerのためのユーザアカウントを設定する。ここでは、サーバ管理者「pcastadmin」、Xgridの実行ユーザ「pcastxgrid」、Podcastキャプチャの実行ユーザ「pcastuser」を、[ワークグループマネージャ]を使ってそれぞれ設定する。

 まず、[ワークグループマネージャ]を起動し、右上の鍵アイコンをクリックしてOpen Directoryのマスタードメインに対する認証処理を行う。

[ワークグループマネージャ] [ワークグループマネージャ]

 鍵アイコンをクリックして表示したダイアログボックスに、Open Directoyサービスの設定時に指定したディレクトリ管理者のユーザ名とパスワードをそれぞれ指定する。

ディレクトリ管理者のユーザ名とパスワードを指定 ディレクトリ管理者のユーザ名とパスワードを指定

 そして、[ワークグループマネージャ]のツールバーで[新規ユーザ]を選び、pcastadmin、pcastxgrid、pcastuserの3つのユーザアカウントを設定していく。このとき、pcastadminにはサーバ管理者としての権限とメールアドレス「pcastadmin@server.pcast.private」、pcastuserにはメールアドレス「pcastuser@server.pcast.private」をそれぞれ指定する。また、pcastxgridのホームディレクトリは「/var/empty」にしておく。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ