Leopard Serverの簡単管理と超速セットアップ

福田昌弘
2008-01-15 17:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クライアントマシンの設定

 Mac OS X 10.5(Leopard)が稼働するマシンのグループにLeopard Serverを参加させたときには、Leopardで利用するサービスを[ディレクトリユーティリティ]を使って設定する。

 [ディレクトリユーティリティ]を起動すると、ネットワーク上のサーバが自動的に検出され結果が表示される。

サーバの自動検出 サーバの自動検出

 表示内容に対して[設定を開始]をクリックし、設定作業を開始する。設定作業は、次の3項目を指定するだけの簡単なものだ。

  • サーバ上で使用するユーザ名とパスワード、クライアントマシンでのパスワードの指定
  • サーバが提供するサービスを利用するためのアプリケーションの構成変更の有無
  • ユーザデータをサーバ上でバックアップするためのTime Machineの構成変更の有無

 これらの設定を終えると、サーバが提供するサービスが利用できるようになる。

サーバ設定の完了 サーバ設定の完了

 Leopard Serverでのユーザ管理やサービス監視に関する作業は、ここに示したものですべてだ。感想はいかがだろうか。必要な作業は、とても少なく、またどれも簡単だ。本当にこれだけの作業でサーバをきちんと利用できるのだろうか。実際、筆者自身もいまだに半信半疑だ。このモヤモヤした気持ちを次回以降に少しずつ解消していきたいと思う。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]