Leopard Serverの簡単管理と超速セットアップ

福田昌弘
2008-01-15 17:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回はMac OS X Server 10.5、通称Leopard Serverのインストールに関する話題を取り上げた。今回は、「サーバ環境設定」を使った手間いらずなユーザ管理やサーバ監視と、「ディレクトリユーティリティ」を使ったクライアントマシンの超速設定を見ていく。ちなみに、今回取り上げている話題はすべて、サーバマシン上だけでなくリモートマシンからも操作できる。

サーバ環境の設定

 インストール時にサーバ構成を“標準”か“ワークグループ”としたときには、[サーバ環境設定]を使うことでユーザ管理やサーバ監視が行える。[サーバ環境設定]は、専門知識を持つ技術者がいない企業や部署でもサーバを導入したり利用したりできるようにするために、Leopard Serverから新たに用意された機能だ。今回は、この[サーバ環境設定]の使い勝手を見ていく。

[サーバ環境設定] [サーバ環境設定]

 “標準”もしくは“ワークグループ”ではなく、サーバ構成として“詳細”を指定したときには、[サーバ管理]と[ワークグループマネージャ]を使ってユーザ管理やサーバ監視を行う。また、これらは、[サーバ環境設定]では行えない、より詳細な設定を行うときにも利用する。まあ、コマンドラインからの入力指示をGUIで補助しているものだと思ってもらえばよい。ちなみに、[サーバ管理]と[ワークグループマネージャ]は、Leopard Server以前から提供されている。

[サーバ管理]と[ワークグループマネージャ] [サーバ管理]と[ワークグループマネージャ]

 [サーバ環境設定]、[サーバ管理]、[ワークグループマネージャ]は、Mac OS X 10.5(通称Leopard)が動作しているリモートマシンでも起動できる。これらをリモートマシン上で起動したときには、接続するサーバを次のようなダイアログボックスで指定する。

接続先の指定 接続先の指定

 では、Leopard Serverで新たに用意された[サーバ環境設定]によるユーザ管理やサーバ監視の内容を詳しく見ていこう。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]