なぜあのアプリはApp Storeから消えたのか?--Amazon APIのモバイル利用

海上忍
2009-07-15 16:17:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Delicious LibraryというMac用のアプリケーションをご存知だろうか?大半のMacに標準装備の小型カメラ(iSight)に書籍やDVDのバーコードをかざすと、ISBNや商品コードなどの情報を読み取り、一致する商品の画像をAmazonから自動的にダウンロード、書庫として管理できるというもの。Amazon APIを利用したアプリケーションのなかでも、有名な部類に入ると言っていいだろう。

 そのDelicious LibraryのiPhoneアプリが、先日リリースされた……と思いきや、数日で姿を消した。事の経緯はTUAWのエントリに詳しいが、Delicious Libraryの開発元がAmzon APIの利用規約に反し、モバイル機器向けに使用したからだそうだ。

 ちなみにAmazon日本法人では、「Amazon Webサービス カスタマー契約」にモバイル機器での(原則)使用禁止がしっかりとうたわれている。

5.1.5. 当社が事前に書面による明白な同意をお客様に提供しない限り、お客様は、Amazon アソシエイト Webサービスをハンドヘルド、モバイルまたは携帯電話用アプリケーションに関連して利用することを許可されません。

 モバイル機器ではAmazonの自社サイト、あるいは公認アプリで買い物をしてね、ということなのだろうが、これはかなり残念。書籍やCDのパッケージをスキャンしてDBを構築する労力とコストは察するところだが、Delicious Libraryのようなアプリは結果としてAmazonの利用者を増やすことにつながるはずなのだから、もう少し鷹揚に構えてもいいように思える。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ