敢えて取りあげるiPhone OS 3.0の「Core Data」サポート

海上忍
2009-06-30 17:50:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コピー&ペーストや付属のアプリばかり注目を集めている印象のiPhone OS 3.0だが、内部的にもいろいろ変化が加えられている。もちろん商業上の判断や個人の趣味趣向にもよるだろうが、多くの開発者が「Core Data」に期待を寄せていると思うが、いかがだろう?

 従来から、iPhone OSではSQLite(パブリックドメインのDBエンジン。軽量高速、データ型の指定が不要などシンプルさが特徴)を利用できたが、SQL文を記述する必要があった。

 しかし3.0では、Core Dataのサポートにより事情が一変。SQL文を記述することなしに、SQLiteのデータベースへアクセス可能になったのだ。

 Core Dataのメリットは高速なデータアクセスにあるが、兄貴分たるMac OS Xでの事例を示したほうがいいかもしれない。その1つは「Mail.app」。メッセージの保管とハンドリングは、Core Data(DBのフォーマットはSQLite)によるものだ。SQLiteと連携したCore DataがiPhone OS 3.0でサポートされたということは、Mail.appのように、まとまった分量のデータハンドリングを高速化できることを意味する。Core Dataとは関係ないが、Firefox 3の履歴やブックマークの管理にはSQLiteが利用されている。

 ユーザーにとっても恩恵大の機能だが、見た目に変化が現れないのは少し寂しいところ。「Core Data使ってます」をウリにするアプリが増えるわけもなく、これからは縁の下の力持ち的APIとして開発者の間でのみ記憶される存在になるのだろう。

Core Dataを使用したアプリとして唯一検索でヒットした「CoreToDo」。言われないかぎり、Core Dataを使って(高速に)データハンドリングしていることはわからない…… Core Dataを使用したアプリとして唯一検索でヒットした「CoreToDo」。言われないかぎり、Core Dataを使って(高速に)データハンドリングしていることはわからない……
  • コメント(2件)
#1   2009-07-02 06:20:40
「『Core Data使ってます』をウリにするアプリ」なんて一般ユーザーにとってはどうでもいいこと。ユーザーは「アプリがデータをどのように扱っているか」ということに意識も関心も持っていない。アプリにはユーザーが期待した機能を期待通りに実行し、安定した動作でデータを確実に保存することが求められているはず。
 Core Dataを使っていることが目に見えるアプリとはどんなものなのか。データの読み書きをするたびに「Core Data使ってます」ってダイアログが出るとか…?
 縁の下の力持ち的API(ほとんどのユーザーはAPIとは何かすら知らない)として《永遠に》開発者だけが記憶していればいいのだ。
 開発者たるもの、自己顕示欲はもっとユーザーの利益になる方向に使ってほしい。
#2 anonymous   2009-07-02 13:54:17
↑そもそも、開発者向けのサイトでしょ。ここは。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ