iPhone OS 3.0登場、まずは変更点をチェック

海上忍
2009-06-18 19:52:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本時間の18日午前2時頃、iPhone 3.0の配布が開始された。前回の記事「iPhone OS 3.0にすんなりアップデートさせるための準備」をお読みいただいた諸兄には、さぞスムースなアップデートだったことと推測する。

 筆者の場合、iTunes Storeにトラブルがあったようでアクティベーションで躓いたため、利用開始は早朝にズレ込んだが。

 その変更点だが、100以上の新機能とうたわれているとおり多岐に及ぶため、今回は「設定」画面からシステム関連の情報を読み解いてみたい。

カーネルとビルド番号

 当然ながら「3.0」。ビルド番号は7A341で、2.2.1(5H11)の5系から一足飛びの7系となった。カーネルの情報やビルド番号の命名ルールは一切公開されていないため藪の中だが、6系をスキップする相応の理由があったと理解したい。

 ちなみに、iPhone OS 2.0でJailBreakしたときのカーネルは「Darwin 9.3.1 / xnu-1228.6.7」(スクリーンショットはこちら)。iPhone OS 3.0のカーネルを調べる方法はないが、Mac OS X 10.5.7がDarwin 9.7.0ということを照らし合わせると、同じDarwin 9.x系であることは確実だろう。

通信機能

 携帯電話としての通信機能にも、変更が加えられている。キャリア情報は「ソフトバンクモバイル 2.9」から「4.0」に、モデムファームウェアも「02.30.03」から「04.26.08」に変更された。SIMをアレコレしたいユーザ以外は興味のない項目かもしれないが、1点気になることが……そう、テザリングの可否。

 早速「設定」→「一般」→「ネットワーク」の順にタップして確認したが、結果は×。海外のキャリアではOKなところもあるので、日本でも「~/Library/iTunes/iPhone Carrier Support/Softbank_jp.ipcc」(Mac OS Xの場合)をナニすればいけそうな気もするが、標準の状態では許可されないことは確実だ。

iPhone OS 3.0の「設定」→「一般」→「情報」画面 iPhone OS 3.0の「設定」→「一般」→「情報」画面
  • コメント(2件)
#1 anonymous   2009-06-18 21:06:26
App StoreでSysInfoというアプリを購入(450円)すれば、JailBreakなしでもカーネルのバージョンを確認することができます。

iPhone OS 3.0(7A341)のカーネルは、Darwin 10.0.0d3 / xnu-1357.2.89でした。
#2 unakami   2009-06-19 00:17:54
コメントありがとうございます。

あ、SysInfoですか……すいません、すっかりその存在を失念して
いました。早速、他の方法も含めてチェックし直します。ご指摘
ありがとうございました。

それにしても、10.x系ですか。Leopardを追い越してますね。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ