iPhone 3G Sのスペックが一部判明:最大2倍速いのもうなずけるスペック

海上忍
2009-06-11 20:05:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 欧州の移動体通信キャリア「T-Mobile」のオランダ向けウェブサイトに、iPhone 3G Sの詳細なスペックが掲載されている。

 それによれば、CPUのクロック数は600MHz、RAMは256MBとのこと。現行iPhone 3Gの400MHz、128MBというスペックと比較すれば、WWDCの基調講演であった「2x」というパフォーマンスの説明もうなずける。

 しかし、そこにグラフィックコアに関する記述は見当たらない。基調講演ではOpenGL ES 2.0のサポートを明言していたことから、現行iPhone 3GのPowerVR MBXとは異なるはずで、その後継にあたるPowerVR SGXが搭載されているであろうと考えるのが妥当だろう。

 CPUコアの形式は不明だが、600MHzというクロック数にPowerVR SGXが搭載されたSoCとなると、ターゲットは絞られてくる。iPhone 3Gのときと同じサムスン電子の「S5PC100」(PDFファイル、CPUコアはCortexA8)あたりがベースなのではないか、という巷の噂ではあるけれど……あと2週間もしないうちに、真相がわかるはずだ。

準公式ながらiPhone 3G Sのスペックが一部判明 準公式ながらiPhone 3G Sのスペックが一部判明
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ