今さらだがiPhoneは携帯でもなければPCでもない

海上忍
2009-04-16 13:10:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 よく話すことだが、iPhoneを携帯電話のカテゴリで括るのは本質を見誤っているとしか思えない。i-modeなど日本の携帯キャリアがいう「ネット」は養殖魚が生きる生け簀のようだが、パケットのくびきから解放されたiPhoneにその制約はない。特徴的なUIを備えるため、ウェブサイトデザインの最適化はあればベターだが、なくてもOK。アプリはApp Storeというエコシステムに囲い込まれているけれど、参入障壁は低く不特定多数に無償配信する道も確保されている。

 しかし「WordPress for iPhone」のようなアプリを使うと、「適材適所」という言葉を思い出してしまう。前回、安直にiPhone向けサイトを構築し、細々とブログの更新を始めたわけだが、さすがにiPhoneではツラく感じる場面に出くわしたからだ。

 それは「マルチタスク不可」なこと。ソフトキーボードを利用した文字入力は、慣れさえすればそこそこのスピードに達するが、他のアプリと並行利用できないため、応用というか機転が利かない。

 たとえば、記事の執筆中にウェブ上の画像を使いたいと思いついたときには、WordPressを終了させてMobile Safariを立ちあげ、目的の画像をアルバムに保存してから(当然Mobile Safariは終了)再度WordPressを起動、これでようやく画像を挿入できる、という面倒な事態に陥る。コピー&ペーストにも対応しないので、以前書いた記事を流用することは難しいし、他サイトへのリンクを張るにも一苦労。断然、PCで作業したほうが生産性は高いのだ。

 ここまで書いてハタ、と閃いた。PCと同じことをiPhoneでやりたい、できるはず、と無意識のうちに考えているのではないかと。マルチタスクとコピー&ペーストはあれば便利な機能だが、iPhoneならではの機動力を生かす道を検討したほうがいいのでは、と。

 確かに(日本の)携帯電話とは一線を画すiPhoneだが、PCのカテゴリで括るのもまた誤りということだ。というわけで、iPhoneからブログに投稿するときは、とりあえずテキスト限定で作成し後日PCから修正を加える、というスタンスで臨もうと考えている。

外出先からブログを更新したいときに便利な「WordPress for iPhone」。いろいろできるが、PCやMacと同じ使い方を期待するのは誤りだ 外出先からブログを更新したいときに便利な「WordPress for iPhone」。いろいろできるが、PCやMacと同じ使い方を期待するのは誤りだ
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ