iPhone OS 3.0まとめ

海上忍
2009-03-18 11:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone OS 3.0の概要が発表された。詳細はこちらをご参照いただくとして、ここでは要点を抜粋してみよう。

  • リリースについて
    • 本日より「iPhone SDK for iPhone OS 3.0 beta」を公開。ただし、スタンダード(99米ドル/年)およびエンタープライズプログラム(299米ドル/年)参加者のみ
    • 正式リリースは2009年夏を予定
    • 初代iPhoneおよびiPhone 3Gユーザは無償アップデート可能、iPod touchユーザは有償(9.95米ドル)
    • 初代iPhoneでは、一部機能(A2DPステレオBlueoothやMMS)を利用できない
    • 今回はハードウェアの発表はなし
  • 開発
    • 1,000以上の新APIを追加
    • プッシュ型通知サービスを実装。通知はAppleのサーバへ送信されたあと、電話回線を介して行われる
    • CoreLocation APIを利用したナビアプリの開発が可能に。Maps APIを利用してアプリに地図を埋め込むことも可能になる
    • 「In-App Purchase」のサポート。アプリ内からサブスクリプションの更新が可能になるため、雑誌などの有料コンテンツを更新できるようになる
    • BluetoothおよびBonjourを利用したP2P通信のサポート。ゲームなどで応用可能
    • マルチタスクに関する言及は特になし。バックグラウンド処理については、バッテリ寿命の観点から否定的な発言あり
  • 新機能
    • 100以上の新機能
    • 全アプリがカット/コピー&ペーストに対応。選択エリアの上にカット/コピー/ペーストボタンが現れ、ペーストはダブルタップでも可能。iPhone本体を振ると操作を取り消し。
    • MMS(Multimedia Messaging Service)のサポート。静止画や動画、サウンドやリッチテキストを含むメールが送受信可能になる
    • 検索機能の実装。Mailなど主要アプリケーションに搭載される
    • 全アプリがソフトキーボードの横向き(水平)利用をサポート
    • カレンダーがCalDAVをサポート、共有カレンダーを登録可能に
    • iPhoneをモデムとして使う「テザリング」をサポート。各国のキャリアが利用を認めるかどうかは未定

 ざっと挙げると、こんなところだろうか。有償登録した開発者は本日よりβ版を入手できるが、NDAで厳重に守られるため、スクリーンショットを交えての詳細なレポートは当分先となるはずだ。

  • コメント(1件)
#1 K氏   2009-03-20 12:34:37
これは完全に買いになりました。

新型楽しみ!
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]