VPNサーバを構築してiPhoneからアクセス(4/4)

海上忍
2009-03-11 15:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ルータのVPNパススルーとPPTPサーバ(Windows)の設定が完了すれば、残るはVPNクライアントのコンフィグレーションのみ。iPhone/iPod touchを取り出し、設定→一般→ネットワーク→VPNの順にブラウズしてほしい。画面に「VPN構成を追加...」という項目が表示されるので、これをタップすると、VPNアカウントを入力するパネルが現れる。

 入力する内容は、以下に示すスクリーンショットを参考にすればわかるはず。ポイントは1つ、「サーバのアドレス」だ。個人ユーザならば、とりあえずはプロバイダからルータに割り当てられたIPアドレスを入力することになるはず。対象のひかり電話ルータ「RT-S300SE」でいえば、ブラウザの管理画面で「情報」→「現在の状態」を選択し、WAN側IPアドレスという欄を参照すればOK。このIPアドレスは、プロバイダに接続し直すたびに変わる(ことが多い)ため、ダイナミックDNSのサービスを検討してもいいだろう。そうすれば、IPアドレスではなく常に同じFQDNでアクセスできるようになる。

 肝心なのはVPN接続後、Windows XPとの間でなにをやるかだが……App StoreからVNCクライアントを入手してデスクトップを遠隔操作、というタスクが1つの目的になるはず。3G回線でもそこそこの速度で動作するため、お勧めだ。

ルータに割り当てられたIPアドレスを入力する。固定IPアドレスとして契約していない場合には、ダイナミックDNSサービスを利用すればいいだろうルータに割り当てられたIPアドレスを入力する。固定IPアドレスとして契約していない場合には、ダイナミックDNSサービスを利用すればいいだろう

iPhoneの「Mocha VNC Lite」を使い、VPN経由でWindows XPのデスクトップを遠隔操作。XP側ではVNCサーバに「UltraVNC」を利用している iPhoneの「Mocha VNC Lite」を使い、VPN経由でWindows XPのデスクトップを遠隔操作。XP側ではVNCサーバに「UltraVNC」を利用している

  • コメント(2件)
#1 anonymous   2010-09-07 13:55:46
わかりにくい

ひとにわかりやすくつたえることができて

はじめて本当にわかったことのはず
#2 analimous   2012-01-29 22:59:37
よく言った!!
褒美にオプーナを買う権利を与えてやろう
(AA略
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]