冬まで機種変しないこと確実なiPhoneユーザに朗報

海上忍
2009-03-02 11:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone 3Gが「実質0円」で購入できる「iPhone for everybody キャンペーン」が開始された。当コラムに目を通すような御仁ならば、この話を耳にしたとき「ようやく(安くなったものだ)」ではなく、「いよいよ(新機種発売へのスタンバイか)」と感じたはず。

 キャンペーンが契約増に直結するかはともかく、既存ユーザにとって気になるのは「既にiPhone 3Gをご利用中のお客さまも……」という文言だろう。パケット定額フルの上限が5,985円から4,410円へ、なんと1,575円/月もダウンするというのだ。2年契約を結ばなければならないが、現状の(5,985円の)まま2年間使い続けたときと比較すると、1,575×24=37,800円もの節約となる。これは大きい。

 甘い話にはウラがあるものだが、この話は決して悪い話ではないと思う。契約期間内に解約すると、解除料として9,975円を請求されるのだが、これも7カ月で元が取れてしまう計算だからだ。10月末まで使い続けることが確実とすれば、既存ユーザがキャンペーンに申し込めるようになる4/1日にショップへ駆け込むほうがトクということになる。もっとも、冒頭で「いよいよ」と感じたユーザにとっては損になる可能性が出てくるので、そのあたりを十分認識すべきだろう。

当コラム的に注目は、4/1から受付開始の「2年契約(キャンペーン)」。冬まで使えば元が取れるものの、魅力的な新モデルが出てもうっかり機種変できないという諸刃の剣だ当コラム的に注目は、4/1から受付開始の「2年契約(キャンペーン)」。冬まで使えば元が取れるものの、魅力的な新モデルが出てもうっかり機種変できないという諸刃の剣だ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ