これでいいのだ!Mozillaは「iPhone脱獄に反対」への反対に賛成なのだ

海上忍
2009-02-19 17:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla CEOのJohn Lilly氏が、iPhoneに対する“JailBreak”を認めるよう主張している電子フロンティア財団(EFF)をサポートする方針を明らかにしたAppleは先日、JailBreakがデジタルミレニアム著作権法(DMCA)に反するとの法的な見解を公式発表しており、Lilly氏の発言も当然これを踏まえている。

 ちなみに、EFFは法廷闘争をも辞さない強硬派だ。スパイウェア問題で2005年にSONY BMGを、DMCA濫用だとして2007年に米Universal Musicを、2008年には米国家安全保障局の監視プログラムをめぐりブッシュ政権(当時)の主要メンバーを提訴したことは、我々の記憶に新しい。Appleの対応如何では、この問題は訴訟に発展する可能性がある。

 訴訟の可能性はともかく、この記事のもう1つのポイントはサードパーティーの存在だ。Mozillaだけでなく、SkypeもEFFのサポートを表明している。Mozillaはモバイル版Firefox「Fennec」を、SkypeはIP電話を普及させたい立場からすると、我田引水的なところも見受けられる。真に我々 -- この場合JailBreakをも辞さない"ちょっとアレ"な層に限定されるが -- エンドユーザの利益を代表するのは、Cydiaだけかもしれない。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ