iPhoneで「Google Docs」が編集可能に…… しかし

海上忍
2009-02-17 12:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モバイル版のGoogle Docsに、スプレッドシートの編集機能が追加された。これで、他のiPhoneやPCと同時に1つの表を編集することが可能になった。Excelで作表したスケジュール表をもとに、会議など各種イベントを調整する企業やグループはまだまだ多いことから、朗報と受け止めるユーザも多いのではなかろうか。

 しかし、これを使いこなすには覚悟が必要。とにかくUIがわかりにくいのだ。表計算ソフトにおける編集単位は「セル」であり、GUIが普及する前のVisiCalcや初期のLotus 1-2-3はともかく、現在ではポインティングデバイスを使い1つのセルに対し変更を加えることが常識と言っていいと思うが、このモバイル版Google Docsはちがう。

 まず、セルを指定するのが難しい。すでにデータが存在する行の場合、各行左端に表示されている「編集」をタップしてから、その行にあるセルを選択するという流れ。数式の入力やセル参照は可能だが、「=(A1+B1)/C1」といった数式はすべて手入力しなければならない。編集中は該当行が拡大表示され表全体を俯瞰することが難しく、大きな表の作成はかなりのストレスになることだろう。

 ちなみに、数式を入力することは可能だが、入力済の数式は変更できない。確かに編集可能になったことは朗報だが、当面はPCで作成したものを修正する程度の利用に留めたほうが吉だろう。

モバイル版Google Docsでスプレッドシートを編集しているところ。セルを編集しようとすると、いちど左横の「編集」をタップしなければならないうえ、編集後は「送信」ボタンをタップしなければならないモバイル版Google Docsでスプレッドシートを編集しているところ。セルを編集しようとすると、いちど左横の「編集」をタップしなければならないうえ、編集後は「送信」ボタンをタップしなければならない
数式の入力は可能だが、一度確定してしまうと再編集できなくなることに注意数式の入力は可能だが、一度確定してしまうと再編集できなくなることに注意
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]