SBの定額制データ通信サービス開始はiPhoneに影響する?

海上忍
2009-02-05 10:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルが、定額制データ通信サービスを開始する。イー・モバイルのデータ通信網を借りるMVNO(Mobile Virtual Network Operator)として始めるというのだから、国内の携帯電話事業者としては初のケースとなる。

 両社は2007年にオープンワイヤレスネットワーク社(OpenWin)を共同設立、2.5GHz帯を利用する高速無線通信の事業免許を目指すなど、従来から近い関係にあった。免許取得は不首尾に終わったが、OpenWinは減資のうえ存続されていたことを考えると、今回の発表は別段"予想外"というほどのことでもないように思う。大手3社のうち、ソフトバンクモバイルだけが定額制データ通信サービスを提供していなかったことも考慮に入れれば、むしろ遅かったほどだ。

 ただし、既存のデータ通信端末は新サービスに対応せず、料金や対応機種は後日発表されるとのこと。この言葉を文字通り解釈すれば、現行iPhone 3Gではテザリングできない、ということになる。このテザリングがなんとかなれば、iPhone 3Gの購入を躊躇していたMacユーザは飛びつくように思うのだけれど。