それでもFlashがiPhoneに載る理由

海上忍
2009-02-04 18:45:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 筆者は他紙の連載などを通じて、iPhoneでFlashがサポートされることについて悲観的な意見を述べてきた。それは現在も変わらず、少なくとも現行機種では難しいと考えている。

 その理由の1つは、メモリ不足。FlashがWebブラウザとともに利用されるものという前提に立つと、メモリ領域が足りない。Mobile Safariがシングルタスクで実行される現状ですら、メモリ不足が原因と思われる異常終了が少なくないのに、そこでさらにFlashを実行する余裕があるのかということだ。

 もう1つは、複数スレッドの並行処理が速度低下につながること。仮にMobile SafariとFlashがそれぞれ1つのプロセスで(Flashがプラグインの形で)動作するとしても、スレッドの数はそれ以上になるはずで、マルチスレッドが速度低下要因とされるiPhoneアプリにおいては悩ましい事態になる。Flashを別のタスクとして実行しては、Webページの他のコンテンツとともに表示できないため、Flashの存在価値自体が低下してしまう。こちらにAdobe Narayen CEOのコメントが掲載されていたが、むべなるかな、という印象が強い。

 しかし、これまでの流れ(Appleの投資行動など諸々)が継続すると考えると、ARMコアのCPUはマルチコア化していく公算が高く、グラフィックチップもOpenCLなどGPGPU技術に対応する可能性が高い。Flashの高い普及率からすると、このままサポートされずに放置されるとは考えにくいが、まずはiPhoneの基礎体力向上からだろう。

ZDNet JapanのトップページにあるFlash広告は、Mobile SafariではアニメーションGIFに置き換えられる。これがそのままFlashで表示される日は来る?ZDNet JapanのトップページにあるFlash広告は、Mobile SafariではアニメーションGIFに置き換えられる。これがそのままFlashで表示される日は来る?

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]