iPhoneの強敵(とも)たちはマルチタスク化していくけれど……

海上忍
2009-01-13 10:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 あのPalmが、CES 2009で新型スマートフォン「Palm Pre」を発表した。TreoのようにWindows Mobileベースではなく、独自開発の「webOS」なる新システムを採用したこのデバイス、シェア躍進を狙う同社の意欲作だ。

 好むと好まざるとにかかわらず、iPhoneは「スマートフォン」という括りで語られる運命にある。ということは、このカテゴリに見るべき機能/トレンドを踏まえた新機種が登場した場合、iPhoneはいつその機能に対応するのか、という目で見られることになる。

 なにが言いたいかというと、このPalm Pre然り、Android携帯のT-Mobile G1然り、最近リリースされた競合機種はマルチタスクで動作するということ。一方のiPhoneで(事実上)推奨されているのは、シングルタスク/シングルスレッド。もちろん、ベースシステムのDarwinはマルチタスク/マルチスレッド対応だが、リソース不足などさまざまな理由でiPhoneアプリの開発者は「自制」を迫られている。

 もっとも、iPhoneがマルチタスク/マルチスレッドで軽快に動くようになるには、ハードウェアレベルでのてこ入れが必要(なはず)。CPUパワーもさりながら、なによりマルチタスクで動かすにはメモリサイズが不足している。潤沢にとは言わないまでも、あともう少しリソースがあれば……たとえば「マップ」とMobile Safariの連携も、もう少しスムーズに行くのではと思うのだけれど。

Palmが満を持して投入した「Palm Pre」。OSが独自開発というところに惹かれます

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]