iPhoneでExcelを編集、共有--値段なりの価値はある「MobileFiles Pro」(2/3)

海上忍
2009-01-07 12:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MobileFiles Proのもう1つの特徴は、Webサーバとしての機能を内包していることだ。iPhoneのWi-Fi機能を有効にしてから起動すると、トップ画面の「Wi-Fi Desktop Connection」が青く点灯する(無効時はディム表示)ので、これをタップすると、MacやWindowsなどのOSで動作するWebブラウザからアクセスできるようになる。ExcelブックをiPhoneとやり取りするときには、この方法でアップロード/ダウンロードすればいい。

 そういえば、内包したWebサーバ経由でデータをやり取りするというiPhoneアプリは、これまで遭遇したことがないような…… というわけで、telnet経由でWebサーバとの会話を試みた。

 画面に表示された(iPhoneの)IPアドレスとポート番号を指定し、telnetコマンドを実行すると、無事セッション開始。「GET / HTTP/1.0」(その後Enterを2回押下)とリクエストを送信すると「HTTP/1.0 505 HTTP Version not supported」にように返答されたので、「GET / HTTP/1.1」でリトライすると、期待どおりHTMLが流れてきた。HTTPヘッダにサーバ名の記載はないものの、紛れもなくWebサーバとの会話が成立していることがわかる。

 ちなみに、Webサーバとのセッションが成立するのは、「Wi-Fi Desktop Connection」画面が表示されているときのみ。Webサーバのデーモンが常駐するわけではないので、知らぬうちにファイルがアップロードされていた、という事態は少ないはずだ。パスコードでアクセス制御することもできるので、安心して使えることだろう。

「Wi-Fi Desktop Connection」を選択すると、内包されたWebサーバが稼働しはじめる「Wi-Fi Desktop Connection」を選択すると、内包されたWebサーバが稼働しはじめる

Webブラウザ(Safari)でiPhoneにアクセスしたところ。ファイルのアップロードとダウンロードが可能になるWebブラウザ(Safari)でiPhoneにアクセスしたところ。ファイルのアップロードとダウンロードが可能になる

Mac OS Xからtelnetで会話を試みたところMac OS Xからtelnetで会話を試みたところ

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]