AppleはなぜImagination Technologiesへ出資したのか?

海上忍
2008-12-19 17:15:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleが英Imagination Technologiesに出資する、との一報が入った※。取得予定額は320万ポンド、発行済株式総数の約3.6%とインパクトは少ないが、このニュースはiPhoneに搭載のPowerVR系グラフィックIPコアが継続採用される可能性が一層高くなったことを意味する。

 先日こちらにも書いたが、第5世代PowerVRコアは、OpenGL ES 2.0にコミットメントしている。順当に行けばの話だが、次世代iPhoneに第5世代PowerVRコアが搭載、そしてiPhone OSはOpenCL Embedded Profileにより高速化、というロードマップが見えてくる。

 これにチップ設計会社P.A. Semiを買収した話を重ね合わせると、1つの結論にたどり着く。P.A. Semiが設計していると言われる次のiPhone向けSoCは、従来のアーキテクチャ(ARM+PowerVR)の延長線にある可能性が高く、以前にも書いたようにAtomとは違う路線で進化するだろう、ということだ。次期iPhoneの登場を待ちたい。

※:12月19日現在、Imagination TechnologiesのWebサイトからAppleより出資を受ける旨の文章は削除されている模様。

iPhone構成ユーティリティを利用すると、PowerVR MBX Lite(AppleMBXDevice)と判断できるコンソールログを確認できるiPhone構成ユーティリティを利用すると、PowerVR MBX Lite(AppleMBXDevice)と判断できるコンソールログを確認できる
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ