iPhoneアプリ開発の現場最終回--伝説の開発者に訊く(その5)

海上忍
2008-12-08 18:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 開発者に訊くシリーズの最終回は、高橋氏が開発したiPhoneアプリ「川柳箋」(および「川柳箋ライト」)の特徴について。氏がここを見てほしいと思う機能を、3点ほど紹介していただいた。

川柳箋最大の特徴は、「ドラッグ&ドロップ」です。基本的な操作をMacの流儀に合わせることで、すぐに使えるようにしました。キャンセルした時のアニメーションや、既にコピー済みの場合にジャンプするアニメーションで、自然に操作できるようにしています。

バージョンアップ後には、ピッカーで背景色を選択できる機能を追加しました。実際の色を見ながら設定を変更できるので、操作が楽しくなると思います。

縦書き特有の問題に対応するため、左右どちらの手でも操作できるようにしたことも、大きな特徴です。設定の変更は、「設定」アプリに追加された川柳箋の項目から行います。

 高橋氏は、NPO法人MOSAの会員向け週刊メールマガジン『モサ伝』の編集長を兼任している。NDA解禁にともない、『小池邦人のCarbon視点でiPhone探求』の隔週連載が始まっているほか、会員向け掲示板ではiPhone関連の質問も受け付けている。モサ伝は一部記事にかぎり無料での購読も可となっているので、まずは一読してみることをお勧めしたい。

iPhoneのユーザインターフェイスは、基本的にドラッグ&ドロップをサポートしないが…… このように、川柳箋では範囲指定した文字列をドラッグ&ドロップで移動できる
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ