まずはこれを読め:iPhoneアプリ開発スタートキット--伝説の開発者に訊く(その4)

海上忍
2008-12-05 12:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 開発者に訊くシリーズ第4弾は、「これからiPhoneアプリの開発を始める人に勧める情報」。Cocoa入門とiPhone入門、Objective-Cのリファレンスという3つの括りで、高橋氏お勧めの書籍/Webサイトを紹介しよう。

1)Cocoa入門

・「Mac OS X Cocoaプログラミング」(アーロン・ヒレガス 著、村上雅章 訳)

 通称「ヒレガス本」。古い本で、現在販売されているMacに付属のSDKとは開発環境の世代が異なりますが、Cocoaを理解するには必須の価値ある一冊です。iPhoneのネイティブアプリ開発にはCocoaフレームワークの理解は欠かせません。原著の「Cocoa Programming for Mac OS X」は、今年待望の第3版が出ました(表紙は薄い緑色です)。こちらは最新の環境に対応していますが、英文です。

・「たのしいCocoaプログラミング」(木下誠 著)

 最新開発環境に対応した、Cocoa入門書です。開発ツールのバージョンが違うと、同じ設定でも画面が違ったりしてはじめての場合まごついてしまいますが、この本は最新なのでその心配がありません。

2)iPhone資料 Web日本語ドキュメント

 特に「Getting Started Documents」と「iPhone ヒューマンインターフェイス ガイドライン」は、最初に読むことをお勧めします。

3)Objective-C 2.0のリファレンス

 「詳解 Objective-C 2.0」(荻原剛志 著)がお勧めです。開発を進めて行くときに立ちはだかる問題を解決するためのリファレンスとして、手元に用意しておくと安心です。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ