Google Mobile Appのルール違反はスルーですか?

海上忍
2008-11-27 12:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone 3Gには、外部の環境を感知する「近接センサー」が内蔵されている。こちらのページに掲載されている紹介文によれば、iPhone内部のダイオードが赤外線パルスを発し、他のダイオードが耳に反射した赤外線を感知する、とある。はて、どこかで聞いたような……そう、先日紹介した「Google Mobile App」の新バージョンだ。

 その近接センサーだが、Appleは関連するAPIの使用をサードパーティーに許可していない。こちらの記事によれば、Googleも「無許可」でAPIを使用したことを認めているとのこと。

 ここで1つ疑問が。耳に近づけると音声入力開始という近接センサーAPIの使用を思わせる機能が前面に打ち出されているにもかかわらず、なぜApple Storeの審査チームはスルーしたのか? ということだ。もし意図せず見逃したのならば、Google Mobile Appはルール違反の廉で撤収or差し替えとなるはず。しかし、リリースから1週間以上経過した現時点も、変わらずApp Storeで公開されている。

 ということは、意図して見逃した可能性も考えられる。iPhone SDKで近接センサーAPIの使用をサードパーティーに公開する計画があり、Googleの行為はフライングだが敢えて黙認したのか、それともiPhone SDKの使用条件を事実上緩和しようということなのか。世界中の開発者のためにも、公正かつ明快な対応が待たれるところだ。

App Storeの審査チームは、近接センサーの利用に気付かなかった? いや、これは誰がどう見ても(略)
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ