iPhoneのSafariをサクサクにする現実的な3つの方法―その1

海上忍
2008-11-12 14:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone版Safari(以下、MobileSafari)は、とにかくよく「落ちる」。MobileSafariに最適化されたサイトはだいぶマシなようだが、レイアウトが入り組んでいたり画像が多く配置されていることが当たり前のPC向けサイトは、ページを描ききる前に異常終了してしまうこともある。現在アクセスを頂戴しているこのbuilderのサイトも、残念ながらその例に漏れない。

 最大の原因はiPhoneのメモリ不足 -- 物理容量128MB、再起動直後のフリーエリアはそのうち50%程度 -- にあるわけだが、増設は叶わぬ夢。サードパーティーによるブラウザ開発は制限されているようで、MobileSafariからメモリ消費量の少ない他のWebブラウザへ乗り換えるわけにもいかない。メモリ消費量を抑えるべく、MobileSafariを「エコドライブ」することが唯一の選択肢だ。

 そこで利用したいのが「Google Mobile Proxy」。PC向けのページをモバイル端末向けに軽量化してくれるWebサービスとして、2年ほど前から提供されているのだが、これがかなり効果的。ページレイアウトは変わってしまうが、「落ちる」頻度はだいぶ低下するはず。ブックマークレットを作成しておけば、URLを入力する手間もなくなる……というわけで、次回は具体的な活用方法を紹介してみよう。

 ちなみに、builderにはiPhone版があります。併せてご利用ください(編集部より)。

Webページをモバイル環境向けに変換するサービス「Google Mobile Proxy」。これをうまく使いこなし、MobileSafariをサクサクにしてみよう
  • コメント(1件)
#1 anonymous   2008-11-12 21:27:16
編集部さま、「iPhone版があります」という事でしたら、iPhone版の記事にリンクしているRSSを提供してもらえませんか?
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]