iPhoneがタダでカーナビに--マップがルート検索に対応

海上忍
2008-10-29 09:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ついにと言おうか、地図表示アプリ「マップ」が車によるルート検索に対応した。早い話が、iPhoneがカーナビになるのだ。他の携帯電話にもカーナビとして使えるアプリはある(ex. ナビタイム、EZ助手席ナビ)が、月額基本料金が必要なうえ別途通信費用もかかる。パケット代定額でアプリは標準装備、というiPhoneがコスト的に有利なことは確かだろう。

 利用方法だが、基本的には「マップ」を起動して出発地点と到着地点を検索するだけでOK。あとは、自動的に最短ルートを案内してくれる。表示方法には従来どおり、「マップ」と「航空写真」、「地図+写真」、「リスト」の4種類を選択できる。音声案内はなく、経路の選択や無料区間優先といったオプション(PC版には装備)もないが、ポータブルナビとしての簡便さを考えれば妥当なところか。

 とりあえずルート案内を試した程度で、実際に移動しながらのテストは行っていないが、iPhoneの通信機能(コスト面も含めて)とGPS機能、そしてGoogle Mapの地図/衛星写真データを利用するナビ機能は多いに期待できる。そのうちストリートビューがサポートされるかも? という将来性を含めれば、iPhoneのキラーアプリとして認知される可能性もある。バッテリーの保ちは気になるところだが……

自宅付近から「山下公園」でルート検索を実行、案内された経路がこちら
最寄りのIC付近。このように、車での移動に対応したことが今回の目玉
地図に衛星写真を重ねて表示したところ。これにストリートビューが加われば強力なポータブルナビとなるはず
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ