iPhone片手にジョギングしよう:健康志向のユーザにお勧めのRunKeeper

海上忍
2008-10-23 21:23:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デベロッパーからiPhoneアプリ開発の話を訊く、というお題に進みたいとかねがね考えているのだが、NDA改訂はいまだ実施されていない模様。勝手に前倒しで進めるわけにも行かず……というわけで、今回はiPhoneアプリ「RunKeeper」の紹介だ。

 このRunKeeper、位置情報サービスをONの状態で起動すると、GPSから情報を取得しはじめる。ジョギングするときに帯同すれば、移動経路や経過時間、走行距離や時速などの情報を記録してくれる。使用開始時に取得したアカウントでサーバにログインすれば、移動経路も確認できる。だいたい5kmじゃね?と目の子算で測っていた日々の走行ルートが実は4.16kmだった、という具合に健康管理の基礎データを確認する用途に役立つこと請け合いだ。しかも料金は無料、健康志向なiPhoneユーザは試さない手はないと言い切れる。

 実用性の高いアプリだが、難点が1つ。61.8×103.5×11mmで約135gというスペックゆえに、手に持てばジャマ、ポケットに入れれば跳ねて腹にぶち当たる、とそもそもiPhoneが「走りのお供」向きではないのだ。

 BELKINのSport Armband Plus with FastFitのようなアームバンドを購入する手もあるが、ちょっと大げさな気も。筆者はシリコンジャケットを装着してストラップを指にからませたiPhoneを、手に持ちつつ走るつもりだ。

GPSの位置情報で走行経路や速度を確認できる「RunKeeper」 GPSの位置情報で走行経路や速度を確認できる「RunKeeper」
RunKeeperのサイトで、走行経路を最大まで拡大したところ。若干の誤差はあるが、川沿いの歩道を走ったことがわかるはず RunKeeperのサイトで、走行経路を最大まで拡大したところ。若干の誤差はあるが、川沿いの歩道を走ったことがわかるはず
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]