iPhone用ベンチマークアプリを試した機会にもの申す

海上忍
2008-10-09 07:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 App Storeで、その名も「Benchmark」が公開された。115円というプライスタグが設定されたこのアプリは、言うまでもなくiPhone / iPod touch向けのベンチマークソフトとして機能する。どのようなテストが含まれるか事前に確認したかったが、試用制度がないApp Store(早急に改善してほしい)ゆえ、術はなし。謎が多いままでの購入と相成った。

 アプリ実行後に表示される説明文によれば、10万のオブジェクトを作成する時間を測定し、iPhone OS 2.0.2を100としたときの値(14.28秒)と比較することにより利用するiPhone OSのパフォーマンスを測ることが、このアプリの目的。筆者のiPhone 3G(v2.1、5F136)で試したところ、再起動直後で16.469秒。スコアは86.704だった。

 ちなみに、測定中は具体的にどのような処理が行われているかわからない。ただ緑色のタイルが点灯するだけだ。将来的には、描画性能やファイルアクセスの計測も行なえるようにする予定とのことだが、契約による縛りがあるわけでもない。

 ここで1つ提言を。筆者は115円という価格を納得したうえで購入したが、全員がそう感じるとは思えない。アプリの紹介文を読んだだけで機能を把握することは、そのアプリの開発元が(他のアプリを通じて)信頼できるか、あるいは購入者の経験値が高いかのどちらかだ。誰もが納得のうえで購入できる環境づくりのためにも、早急に「お試し制度」を開始するようAppleにお願いしたい。

測定中はこのような画面が表示されるが……実際にどのような処理が行われているかは不明だ
はいそうですか、と鵜呑みするには……実績なし&測定方法がブラックボックスでは、ベンチマークの意味がない
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ