iPhoneを長持ちさせたい:本当に節電が最善なのか?

海上忍
2008-09-29 08:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 数回にわたり取り上げてきた節電ネタ。しかし節電を最優先するがために、ネットに接続できないは、Webを見られないは、音楽すら聴けないはでは、存分にiPhone 3Gを楽しめない。バッテリーを浪費しないに越したことはないが、あまり気にしていると使い勝手が悪くなる。

 いかがなものか、と考えていたところ目に飛び込んだのが「充電器」。そりゃあ嵩張る充電器はできれば避けたいが、トレードオフの関係にある「節電」と「利便性」のどちらが大事なの、ということだ。バンバン使って足りなくなれば充電する、そんな使い方があってもいいはず。

 なにか魅力的な商品はとリサーチしたところ、発見したのが「ドック型乾電池式充電器」。常時着用型ではなく、必要なときDockケーブルで接続するタイプな点がうれしい。電源は単3乾電池×2、カバンに入れてもさほどジャマにならないだろう。

 カーナビがiPhone 3G非対応(再生できるが充電できない)という状況にあるため、シガーソケット型充電器も気になる。こちらの「Car Charger for iPhone Black」は12V〜24Vに対応、「Works with iPhone」準拠製品という安心感もある。車以外の場所での充電はできないが、持ち運びの面倒を考える必要はない。

 さて、なにを買うか。購入した製品は、当コラムでショートレビューを行う予定だ。

カーナビがiPhone 3Gに充電できない…… さて、どうするか
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]