iPhoneでリリース前のアプリを使う手順、説明します

海上忍
2008-09-11 18:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 知人から依頼があり、正式リリース前のアプリケーションを試す機会に恵まれた。そこで、前々回紹介した「アドホックによる配布」について、具体的な作業の流れを説明したいと思う。

 配布物は、アプリケーションと証明書(プロビジョニングプロファイル)の2点。これを「iPhone構成ユーティリティ」で読み込み、接続したiPhone/iPod touchへ転送すれば、インストールは完了だ。証明書には、暗号鍵とともにデバイス固有のID(UDID)が記録されているため、開発者が把握していない第3者へ譲渡されてもインストールはできない仕組み。なお、iTunesを利用した同期の手続きとは分離されているので、ふだんは接続しないデバイスも操作対象にできる。

 ポイントは、証明書とアプリケーションが切り離されていること。証明書は有効期限の範囲内で使い続けることができるため、不具合修正の際はアプリケーションのみ更新すればいい。証明書の有効期限は「設定」→「一般」→「プロファイル」で確認可能だ。

 このように、アドホックによる配布はアプリケーションのβテストに最適だ。この「最適」には、開発者がテスト参加者を完全に管理できることと、「野良アプリ」を予防したいAppleの思惑という2重の意味があるのだが。

インストールした証明書は、iPhone/iPod touchの設定パネルで確認できる
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ