脱獄なしに情報がわんさか:iPhone構成ユーティリティ

海上忍
2008-09-08 16:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleのWebサイトから無償ダウンロードできる「iPhone構成ユーティリティ」は、本来企業のネットワーク管理者向けに提供されている「デプロイ」を目的としたツール。詳細はこちらの「iPhone およびiPod touchエンタープライズ配備ガイド」を参照いただくとして、今回はこのツールをシステム解析に使用することを検討してみたい。

 このツールを起動してiPhone / iPod touchを接続すると、ウインドウ左端の「接続済みデバイス」欄にアイコンが表示される。選択すると、「概要」タブにはシリアル番号などの情報が、「アプリケーション」タブにはシステム非標準のアプリケーションが表示される。

 一般ユーザにとって興味深いのは、「コンソール」タブに表示される情報だろう。JailBreakすることなしに、Macに接続するだけでコンソールログの閲覧が許されるので、ここにも堂々と分析結果を書くことができる。

 たとえば、以下のスクリーンショットからは、iPhone 3GにグラフィックコアPowerVR MBX(AppleMBXDevice)や、Samsung製アプリケーションプロセッサ(AppleS5L8900XSDIO)が搭載されている様子がわかる。iPhone 3Gに搭載されているチップは一切公式発表がないため、分解かJailBreakしか確認する術はないが、このツールが多少は役に立つはずだ。

本来はデプロイ用だが……「iPhone構成ユーティリティ」のコンソールログから読み取れる情報は多い
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]