iPhone + NetShareでドコモに対抗するか? 勝手に予測してみた

海上忍
2008-09-02 12:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月1日、NTTドコモから「ドコモ コネクションマネージャ(Mac用)」がリリースされた。USB接続型データ通信端末「FOMA A2502 HIGH-SPEED」専用だが、本ソフトの利用により、MacでもHSDPAの高速データ通信(下り最大7.2Mbps)が定額で利用可能となる。

 このソフト、見方によってはiPhone 3Gと競合する。もっとも安価なプラン(定額データプランHIGH-SPEEDバリュー)は月額5,985円、これで慣れたMac OS Xのフル機能を使いつつどこにいても高速通信できるようになる。iPhone 3GとMacの両方を持ち歩かなくてもいいや、と考えるユーザは少なくないはずで、FOMA A2502+MacBookという組み合わせは大いに「アリ」だ。

 注目したいのは、ソフトバンクモバイルの出方。MacユーザはiPhone 3Gの有望な顧客層(のはず)で、NTTドコモの「パケ・ホーダイ ダブル」に即座に反応した実績もあるだけに、ああそうですか、と今回のNTTドコモの措置を見逃すとは考えにくいからだ。

 そして、ソフトバンクモバイルにはその気になれば今日からでも対抗できる「術」がある。それは……「NetShare」。このソフトの国内販売を認めるだけでいいのだ。9月2日現在、App Storeでは見当たらないが。

NTTドコモが「ドコモ コネクションマネージャ(Mac用)」をリリースした。いくつか制限はあるが、MacにもHSDPA定額時代が到来した
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]