iPhoneのMobileMailにはリモートイメージ対策が必要だ

海上忍
2008-08-26 11:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホテルに泊まるときの愉しみが、ブッフェ形式の朝食。カリカリに焼かれたベーコンを数枚食べれば気分は上々、一日がうまく行くような気がする。

 そんなときでも、迷惑メールは節操なくやってくる。PC用のアドレスを使うiPhoneの場合、携帯メールよりも被害に遭う頻度は高いのではなかろうか。IMAPアカウントの場合、事前にPCで受信すれば迷惑メールを除去できるが、プロバイダ側に迷惑メールフィルタ機能がないかぎり、外出先ではこの手が使えない。

 それにつけても頭に来るのが、HTMLを使った迷惑メール。その多くには、メールが閲覧されたことを発信元へ通知する仕掛け(Webビーコン)があり、うっかり表示してしまえば「生きているアドレス」ということが知られてしまうため、以降迷惑メールが増加する。こんなものを朝から受け取れば気分は最低、一日が台無しだ。

 Webビーコンによる被害は、HTMLメールに含まれる画像の表示を無効化すれば未然に防げるが、iPhone OS Xに収録の「メール」にその機能はない。迷惑メールに腹を立てた挙げ句、これぞカリカリビーコン(それが言いたかっただけちゃうんかと)などと言わずにすむよう、Mac OS XのMail.appにはある「HTMLメッセージにリモートイメージを表示」オプションを設けて欲しいものだ。

Mac OS XのMail.appには「HTMLメッセージにリモートイメージを表示」オプションがあるのだが……
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]