iPhoneにぴったり:YouTubeからH.264動画を再エンコードなしでゲットする方法

海上忍
2008-08-12 11:45:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 iPhone OS X 2.0付属の「YouTube」は、ある程度ダウンロードしてから再生を始めること(バッファリング)が可能など、使う側の意を汲む"気の利いた"機能を備えている。自分で見て・聴いて楽しむだけでなく、iPhone 3Gを見せびらかす目的にもお誂えだ。

 しかし、特定の映像のカテゴリや俳優、ミュージシャンを追いかけているファンにとって、ブックマークは中途半端な存在かもしれない。好みのコンテンツをいつでも快適に楽しめるのならば子細は問わず、ディスクスペースを犠牲にすることなど当たり前、これぞファン心理ではなかろうか。

 そこで紹介したいテクが、以下に示す「H.264ムービーのダウンロード」。URLの末尾に「&fmt=18」を追加すると、デフォルトのFLVではなく高画質なH.264形式ムービーの再生が始まるので、それをダウンロードしてしまおう、という寸法だ。再エンコードは必要なし、iTunesに登録すればiPhone / iPod touchに転送することもかんたん。Mac OS X / Safariユーザのみ対象としたが、Windowsでも「&fmt=18」の方法は有効なので、参考にしてほしい。

  1. Terminalを起動し、「curl '」と入力する。
  2. Safariのメニューで「ウインドウ」→「構成ファイル一覧」を選択。
  3. ファイルサイズがもっとも大きい(動画と思われる)行を選択、Command-Cを押してURLをコピーする。
  4. Terminalにフォーカスを移し、Command-Vを押してURLをペーストする。
  5. 続けて「&fmt=18' -o name.mp4」(name部分は任意。この名前でファイルが保存される)と入力し、enterを押す。
  6. ダウンロード完了後、iTunesに登録。あとはiPhoneと同期すればOK。
この「構成ファイル一覧」からURLをコピー、curlコマンドでダウンロードすれば、いつでもH.264ムービーを楽しめる
  • コメント(1件)
#1 R-design   2008-08-13 10:06:36
簡単にダウンロードするなら、こういう方法もあります。
1.『javascript:if%20(document.getElementById('download-youtube-video')==null%20&&%20!!(document.location.href.match(/http:\/\/[a-zA-Z\.]*youtube\.com\/watch/)))%20{var%20yt_mp4_path='http://www.youtube.com/get_video?fmt=18&video_id='+swfArgs['video_id']+'&t='+swfArgs['t'];%20var%20div_embed=document.getElementById('watch-embed-div');div_embed.innerHTML=div_embed.innerHTML+'%3Cbr%20/%3E%20%3Cspan%20id=\'download-youtube-video\'%3E%3Ca%20href=\''+yt_mp4_path+'\'%3EDownload%20as%20MP4%3C/a%3E%20'+%20%20((navigator.userAgent.indexOf('Safari')!=-1)?'(control-click%20and%20select%20%3Ci%3EDownload%20linked%20file%20as%3C/i%3E)':('(right-click%20and%20select%20%3Ci%3ESave%20'+%20(navigator.appName=='Microsoft%20Internet%20Explorer'?'target':'link')%20+'%20as)%3C/i%3E'))+'%3C/span%3E';}void(0);』
をブックマークしておき、
2.Youtubeの保存したい動画ページを表示し、ブックマークしたJavascriptを実行させれば、ページ右側埋込みタグ表示の下にダウンロードリンクが表示さえれます。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ