iPhone 3Gで単語を登録してスイスイ日本語入力する方法

海上忍
2008-08-11 13:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新特集【一覧】

 この原稿、とあるホテルのロビーで書いている。もちろん、iPhoneを使ってだ。日本語入力には「テンキー」を利用しているので、いつものスピードというわけにはいかないが、悪くはない。

 しかし、長年鍛えに鍛えたユーザ辞書をインポートする機能がないため、作業効率はいまひとつ。単語を辞書に登録する機能もなく、ただおとなしく予想変換機能が出す候補を使い、かな漢字変換を進めるしかない……ことはない。

 というのも、これには効果的な回避策がある。付属のアプリ「連絡先」に、よく使う単語を登録しておくのだ。「連絡先」に登録された名前を変換候補として使う、OS X iPhone 2.0の予想変換機能を逆手にとったテクといえる。Mac OS Xの「アドレスブック」で登録作業を行えば、より効率的だろう。

 手順はかんたん、ことえりやATOKで単語登録するときの要領で、「姓」と「姓の読み」に漢字とかなを登録すればOK。「姓」は漢字はもちろん、英字でもかまわない。たとえば「ZDNet Japan」の読みに「じーでぃー」とか「じーでー」と登録しておくと、「じーで」と入力した時点で「ZDNet Japan」が変換候補に現れるはずだ。

このように単語登録を進め、iPhoneと同期すれば準備は完了
間にスペースを含む文字列も登録できるので、なかなか便利に使える
  • コメント(3件)
#1 大野晋一   2008-08-12 02:53:50
そう。「じーでぃー」です。「ぜっとでぃー」とかではないので、一つよろしくです。

--
Ohno Shin'ichi
editor-in-chief, ZDNet Japan
#2 やなはる   2008-08-12 23:56:10
ありがとうございます。この記事のおかげでiPhoneが格段に使いやすくなりました。
#3 hirom9999   2008-09-10 11:12:42
これは便利。
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ