iPhone 3GのBluetoothで写真を転送しようと思ったが……

海上忍
2008-08-07 19:40:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone 3Gには、一応カメラ機能が内蔵されている。「一応」というのは、レンズは単焦点の200万画素、動画撮影機能はもちろん、オートフォーカスや手ブレ防止といった撮影補助機能すら搭載されていないからだ。残念ながら、日本の携帯電話の水準と比べると見劣り感は否めない。

 撮影した写真は、コンピュータ本体とDockケーブルで接続するだけで、Macは「イメージキャプチャ」、Windowsは「エクスプローラ」でかんたんに取り込める(iPhotoやPhotoshop Elementsなどのアプリケーションも利用できる)。Appleがメンテナンスに手を焼いている「MobileMe」へ転送することも可能だ(メールで投稿する形式はどうかと思うが)。この点は、メモリカードへの保存が前提の日本製携帯電話より洗練されているかもしれない。

 それにしても惜しまれるのは、内蔵のBluetooth。画像を転送するためのプロファイル「BIP(Basic Imaging Profile)」に非対応なのだ。BIP対応ならば、Dockケーブルなしで写真をサクサク転送できるのだが……ん? よく見てみると、名刺やカレンダーのデータを扱う「OPP(Object Push Profile)」、マウスやキーボードを接続するための「HID(Human Interface Device Profile)」にも対応していないようだ。うむむ、これは写真どころの話ではない。バッテリー温存のため、今後はBluetoothを常時「オフ」にすることに決めた。

iPhone 3Gとペアリングを実行、対応プロファイルを調べてみた。そこにBIPやHIDの文字は見当たらない iPhone 3Gとペアリングを実行、対応プロファイルを調べてみた。そこにBIPやHIDの文字は見当たらない
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ