iPhone 3G vs iPod touch:どちらが速いか調べてみた

海上忍
2008-07-31 15:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3G通信は必要ない、通話機能もDoC○Mo/○uがあるからOKという向きには、iPhone 3GではなくiPod touchという選択肢もある。確かに、ポータブルオーディオとしての利用が中心で、使う場所も自宅がほとんどというユーザには、合理的な判断といえる。

 ところで、iPhone 3GとiPod touchのハードウェア的な差異はどの程度なのだろう? 3G通信機能の有無ばかり注目されがちだが、iPhone 3Gのほうが断然速い、サクサクだ! などということがあれば、選択にも影響があるはず。iPhone 3Gには、Samsung製の「S5L8900」というチップが搭載されているが、そのスペックはおろか搭載されていること自体公表されていないため、iPhone GSMやiPod touchとの性能差はわからない。

 そこでベンチマークを決行。利用したのは「SunSpider」、WebKit開発チームがまとめあげたJavaScriptベンチだ。結果は以下のとおりで、iPhone 3Gのほうが約7.6%高速ということがわかる。両者のシステムのバージョンは同じ、モバイルSafariのバイナリも共通しているため、この7.6%は純粋な処理性能の差と考えていいはず。もっとも、現実でこここまで高負荷な処理を行う場面は少なく、JavaScript以外の処理系については未検証なため、このベンチマークだけで性能の優劣を語るのは早計だ。

SunSpider 0.9の結果
  iPhone 3G iPod touch
3d 16832.2 18300.4
access 16239 18537.4
bitops 14475.8 14534.4
controlflow 3631.4 3902.8
crypto 9322 10119.4
date 14346 15083.4
math 21411 24528.4
regexp 3256.6 3275.4
string 31578.6 32866.8
TOTAL 131092 141148.4
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ