動画再生耐久レース―フル充電からどれだけ耐えた?

海上忍
2008-07-25 18:55:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フル充電からどれだけ耐えられるか――iPhone 3Gにかぎらず、機能満載のデジタルガジェットはバッテリの「保ち」がミソだ。メーカー公称値は普通の使い方では実現困難、ある程度割り引いて考えねばならぬ。では、どれだけ割り引けばいいのか? それは、実際に試してみるしかない。

 というわけで、また性懲りもなくテストを敢行。今回は、連続7時間という動画再生能力の実力のほどを検証してみた。使用したビデオクリップは10本、うち4本のビデオコーデックはMPEG-4で残りはH.264、オーディオコーデックはすべてAAC。合計ビットレートとピクセル数は(もちろんiPhone 3Gが再生できる範囲内で)まちまちだ。なお、無線LANはオフにするなど、再生時の環境設定は音楽の連続再生のときに準じている。

 その結果だが…… なんと6時間32分。公称値の7時間には及ばないが、液晶の大きさと明るさ、音声もヘッドフォンでしっかり聴いていた事実を重ねてみると、納得の数値といえるのではなかろうか。はじめてビデオ再生に対応した第5世代iPod(30GBモデルの公称値が連続2時間、しかも液晶は小さい)と比較すると、格段の進歩だ。学校・会社まで片道1時間として、往復の道のりをまるまる動画鑑賞したとしても、バッテリの残りはまだ4時間半ある。よほどの長話でもしないかぎり、日中の通話待ち受けには十分耐えられるはず。問題はWebブラウジングでどれほどバッテリを消費するかだが…… その検証についてはまた次の機会に。

iPhone 3Gの動画再生能力 第5世代iPodと比較して動画再生能力は格段に増している
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]