WebサイトのiPhone 3G対応問題を考える(ハード編)

海上忍
2008-07-23 15:30:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone 3Gはケータイか否か、というテーマは熟考の余地がありそうだ。それはiPhoneの形状がケータイ的かどうかということでなく、ブラウザでWebにアクセスするときケータイ用画面とPC用画面のどちらが適当か、またユーザがどちらを指向するかという問題にほかならない。

 この問題は、パケット定額制の一言で片付けることは難しい。企業のWebデザイナーは、ケータイとPCで異なるUIを想像しているだろうし、すべての企業がYahoo! Japanのように、iPhoneに最適化したページを提供できるほど潤沢な予算を割けるわけでもない。

 ハードウェアに注目するとどうか。iPhone 3Gには「Y!」ボタンがなく、「Yahoo!ケータイ」サービスに対応していないため、Softbankケータイ向けサービスの多くが利用できないという現実がある。液晶の解像度も、日本のケータイはQVGAが主流(ワンセグの普及により240×400が急伸中)だが、iPhone 3Gは320×480ピクセル。ユーザもiPhone 3Gに「ケータイにない何か」を求めているはずで、ケータイの枠をはめるのは間違いだ。

 振り返るに、1995年前後のインターネットブームの頃、世のWebページはすべからくPC向けが前提だったはず。その後ケータイ向けのページが提供されるようになったのは、インターネット対応ケータイの利用者が圧倒的な勢いで増えたためだ(キャリアの誘導・啓蒙も大きいが)。

 iPhone 3GのWebブラウザとしての機能は、PCに近いがPCではなく、ましてやケータイではない。「マルチタッチUI」などiPhone 3Gの特性を生かしたサイトが増えてこそだが、発売から間もない現在のシェアでは、過度な期待は禁物だろう。

iPhoneの独特な操作性を活かすことが肝 「ピンチ」など独特の操作性を生かしたサイトが増えてこそのiPhone 3Gだ
  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]