Windowsの歴史

Windowsの歴史 Windows 2.0とWindows/386編:PC/ATの登場

今では当たり前のように使っているオーバーラップ型のウィンドウシステム。ウィンドウとウィンドウを重ねて表示する、あのシステムだ。1985年当時、MacintoshやUNIXがこのシステムを提供しているのに対し、マイクロソフトはまだ提供できていなかった。 2009-05-12 23:16:01

Windowsの歴史 Windows 1.0前夜編:MacintoshとWindows 1.0

CUIを備えていたマイクロソフトのMS-DOS。しかし、パロアルトではウィンドウシステムのデモが行われ、マーケットではMacintoshがインパクトを与えていた。そのとき、ビル・ゲイツはMicrosoft Windowsの開発を決断していた――Windowsの歴史をめぐる本連載。今回はWindows 1.0登場前夜を紹介する。 2009-04-21 11:55:02

Windowsの歴史 ネットワークOS編:LAN ManagerとNetWare

MS-DOS 3.xで始まったネットワーク対応。マイクロソフトのLAN Managerと、ノベルのNetWareの違いから始めて、IBMのSNA、DECのDECNet、TCP/IPと、当時を彩ったネットワークプロトコルを体系的に紹介する。 2009-04-13 15:16:01

Windowsの歴史 MS-DOS編:メモリ管理、ファイルシステム、デバイスドライバ

Windows 7のリリースが近づく中、Windows OSの歴史を振り返ってみるのも悪くはない。本連載「Windowsの歴史」では、グローバル ナレッジ ネットワークの横山哲也氏が、MS-DOSからWindows Server 2008 R2までの技術を解説する。 2009-04-06 15:56:01

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]