Windowsの歴史 Windows Server 2008 R2編:名前は「R2」でも中身は……サーバOSベンダーとしてのMSが真価を問われる製品

横山哲也(グローバル ナレッジ ネットワーク)
2009-11-06 18:40:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 こうしてみると、若干のずれはあるものの、サーバOSのバージョンアップは「約2年ごとのマイナーチェンジ、4年ごとのメジャーチェンジ」というサイクルに近い形で行われてきたことがうかがえる。ところが、最新版となる「Windows Server 2008 R2」は前バージョンからわずか1年半での登場である。Windows Vistaから数えれば2年以上経っているが、それにしても短い。

マイクロソフトにおけるサーバOSのリリース間隔 マイクロソフトにおけるサーバOSのリリース間隔

 そもそも、Windows Server 2008は早期の段階で多くの支持が得られており、早い時期に新しいリリースを投入する必要性は低い。なぜ、マイクロソフトはサーバOSを通常よりも短い間隔でリリースする必要があったのだろう。

 それは、多くの人が指摘するように、Windows Vistaの評価が不当に低かったせいだ。筆者は、Windows Vistaは決して製品として失敗だとは思っていない。しかし、マーケットの動きを見誤った部分があることは確かであり、それが商品として失敗した理由でもある。

 Windows Vistaの汚名を返上するには、新しいOSが必要だった。特に企業ユーザーにアピールするためには、サーバとの連係機能を強化することが求められた。こうして「Windows 7」とWindows Server 2008 R2がセットで登場することとなったのではないか、というのが筆者の想像である。

Windows Server 2008 R2とWindows 7

 Windows Server 2008 R2の拡張機能は多岐に渡るが、中でもマイクロソフトが重視しているのは「Windows 7との連係」である。これらは「Better Together」と呼ばれ、以下の内容を含む。

  • DirectAccess……明示的なVPN接続なしにインターネットから本社ネットワークへ接続
  • BranchCache……低速回線で結ばれた支店に、本社のファイルサーバやウェブサーバのコンテンツをキャッシュ
  • リモートデスクトップサービス……動画再生などの表示効率が大幅に向上
  • VPNの自動再接続(アジャイルVPN)……VPN接続が切れても自動的に再接続

 本連載は技術記事ではないので、個々の詳細は説明しないが、いずれも「リモートオフィス」「リモートアクセス」を重視した連係機能だ。

 ブランチオフィス、つまり遠隔地にある小規模な支店や営業所のサポートはWindows Server 2003以来のマイクロソフトのテーマでもある。Windows Server 2008 R2ではこの方針がさらに強化された。

Windows Server 2008 R2のカーネル

  • コメント(1件)
#1 anonymous   2010-01-08 23:04:23
なぜか巷ではMicrosoftは嫌いという人々が多い。一人勝ちしたOSのメーカだからか?
チョコマカとバージョンをアップし、そのたびに購入しなければならないユーザの悲鳴か?
一度買ったら少なくとも数年は 使い続けたい古き良きエコな人々の苛立ちか?
かくいう私も、購入したと思ったら新バージョン登場で 閉口してきた一人ではある。
しかし、著者の言われるように、新機能の恩恵を 受けてきたのであるから、当然の対価であり
マイナス面ばかりいわず、良い面を きちんと認めるべきだとの意見には賛同する。
様々なサーバOSがあるなかで、マウスを用い比較的安価で 十分に使いやすいサーバOSを
提供してくれたメーカであることは間違いないのであるから。
安定性の面で、UNIIXやリナックスに劣るといわれ続け、セキュリティに問題があるとの指摘も多く槍玉にあがることが多いが、地道にバグフィックス版を提供し、真摯に品質を上げ維持しようとする姿勢には、拍手を送りたい。コンシューマ向けには独占に近いシェアを獲得したのだから当然と見る向きもあるが、地味なサポートを可能な限り実施していることは事実であるので、
もっと評価されても良いように思う。
また、筆者のように奥底まできちんと理解しているとはいえない私でもあるので、少し心を入れ替え、より理解を深め、IT活用のコンサルとして より精進していこうとの思いを深めた。
本記事は、そのキッカケを与えてくれた。大変感謝している。
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]