Windowsの歴史 Windows 7編:Vistaの不満を解消し、XPを超える「定番OS」の地位目指す

横山哲也(グローバル ナレッジ ネットワーク)
2009-10-25 21:03:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回は「Windows Vista」について触れた(関連記事:Windows Vista編:UACでセキュリティ強化も結果は裏目に出た不遇のOS)。時系列でいけば、Windows Vistaの前は「Windows Server 2003 R2」、Vistaの次は「Windows Server 2008」になるのだが、発売されたばかりの「Windows 7」を語る上でWindows Vistaの反省は欠かせない。そこで、順番は前後するが今回はWindows 7について取り上げたい。

Windows Vistaに対する不満

 Windows Vistaは意欲的な製品だったが、多くの点でユーザーを失望させた。主な課題は以下の通りである。

  1. 大きくて重い……インストールするだけで数GBのディスク容量を必要とする。Windows XPのシステム要件が2GBのHDD空き容量であったのに対して、Windows Vistaでは最小15GBである。また、最小物理メモリが512MB(推奨1GB)とWindows XPに比べて2倍から4倍になった。
  2. 不具合の残存……カーネルとUIを一新したことで多くのバグが残り、一部の機能が出荷に間に合わなかった。ほとんどの問題はSP1で解決したが、リリース当初の悪印象は最後までぬぐいきれなかった。
  3. 互換性が低い……Windows Vistaの新機能はWindows XPとの互換性を損なう部分が多い。
  4. GUIの変更……GUIの見直しが行われ、多くの操作手順が変更になった。ユーザーインターフェース(UI)に対しては、パワーユーザーほど保守的な傾向が強いため、実質以上に評判を落とすことになった。

Windows 7の目標

 Windows 7では、こうした問題を解決するために多くの工夫が行われた。ただし、実質的にWindows Vistaから変更されていないものもある。過大な期待は禁物である。

 最大の特徴は、「軽量化」に対して大きな努力が払われたことだ。たとえば、必要なサービスをOS起動時にすべて立ち上げるのではなく、必要なときにだけ実行するようにした。これで起動時間が短縮される。また、不要になったサービスは自動的に停止するようにした。これで全体の負荷も下げられる。

フットプリントの縮小 Windows 7では、HDDやメモリといったリソースの使い方をより効率化し、従来よりも「軽い」使用感をユーザーに与えることに腐心した(スライドは「Tech・Ed Japan 2009」でのマイクロソフトによるプレゼンテーション)

 特に起動時間の短縮については、マイクロソフトもよほど強くアピールしたかったようで、2009年8月に行われたマイクロソフトの技術カンファレンス「Tech・Ed Japan」の基調講演では、新旧取り混ぜたさまざまなPCでWindows 7の起動デモを行っていた。

  • 新着記事
  • 特集
  • ブログ
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]