Windowsの歴史 Windows Server 2003編:存在も機能も地味、しかし人気のOS

横山哲也(グローバル ナレッジ ネットワーク)
2009-10-19 19:04:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GUIを使うのは管理者だけであり、UIの洗練は本来の目的ではないといえる。そのため、派手な見栄えは要求されない。

 ただし、サーバであってもワークステーション的な使い方をすることもある。たとえば、メモリを大量に必要とするCG処理などにサーバ製品が使われた例がある。

 実は、Windows Server 2003では無効になっている「Themesサービス」を起動して、テーマとして「Windows XP」を選択するとLunaが使えるようになる。サーバ製品をワークステーションとして使う時には便利だろう。なお、このテクニックはWindows Server 2008やWindows Server 2008 R2でも有効である。

Windows Server 2003でもWindows XPのテーマを選択することでLunaを利用できる(画像をクリックすると拡大します) Windows Server 2003でもWindows XPのテーマを選択することでLunaを利用できる(画像をクリックすると拡大します)

Windows Server 2003の新機能

 Windows Server 2003の新機能は地味なものが多い。筆者はWindows Server 2003のアップデートセミナーも担当したが、「顧客の心に訴えるものが少ないなぁ」とつぶやきながらお帰りになった方も多かった。

 Active Directoryのドメインコントローラのコンピュータ名が変更できるようになったとか、別々の拠点でグループのメンバシップの変更を行っても衝突が起きにくいとか、細かな、そして現場で困っていたことが解消される改良点は多かった。

 また、IISのアーキテクチャが一新されたり、バックアップシステムが変わったりもした。.NETが標準でサポートされたのものWindows Server 2003からだ。しかし、機能として地味だったことも確かである。

 さて、そんな地味な機能から、筆者の選ぶベストワンは「VSSプロバイダ」である。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]